2004年03月31日

UCBの授業

前々から興味があったこちらの授業にもぐりこんでみました。もちろんばれないような大きなクラス。大きなクラスだけに場所もなんと映画が上映できるようなホール(笑)で、満席なら500人くらいは入れるのでは?というところ。今日もぐりこんだのは「生物」の授業で、網膜の機能の話。絵の描かれたスライドをメインに使ってくれたので、電子辞書でスライド上の単語を調べながら、拝聴する。内容も案外面白かったけど、なんか今行っている学校とはまた違っていかにも「アメリカの大学」って感じで楽しかった〜。でも一番面白かったのは、授業の時間があと1分とかになってきたら、先生はまだ話しているのに一斉にみんなが荷物をまとめ始めたこと。これは、休憩時間は短いのに大学構内が広くて、次の場所まで移動時間がかかるせいなんだけど、にしてもあからさま。もちろん、次は別の授業でその講堂を使うんだけど、先生の話は完全に尻切れトンボになっていた(笑)。

posted by さくら at 16:22| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年03月29日

Japan Town

日本食などは近所(徒歩で片道30分くらいだけど)で買えるので足を踏み入れていなかったJapan Townへ今日は行ってみました。昔はもっと栄えていたらしいんだけど、今は道路に挟まれた50mくらいの幅×2ブロック分くらいという「こじんまりさ」。それでもそこに行くと、わんさか日本人(アジア人も多い)がいて、かつ日本の本やら食べ物やらがあふれていて、それなりに面白かった。そして案外びっくりしたのは、値段がそう高くないこと。2倍するものは無かったかなあ。案外日本と同じ位の値段で売っているものも多かったし…。ちなみに私てきな今日の収穫は「冷凍うなぎ」でしょうか。これはさすがに近所では購入できず。あとは「やきそば(の麺)」かな。
posted by さくら at 19:17| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年03月28日

和食

近所にいつも行列のできている和食屋さんがあるので、今日のランチはそこへ行ってみました。で、天ぷら定食みたいなものを食べたんだけど、気になった点が。
他の和食屋さんでも経験したことがあるんだけど、天ぷらにブロッコリが入っていること。私は保守的ではないので、ブロッコリの天ぷらも全然OKなんだけど、ブロッコリに衣をつけると、房の隙間に衣が入ってしまって、その部分はうまく揚がらず、みょーに油っぽいんだよね。他の野菜の天ぷらと食べ比べるとすぐにわかるんだけど、なぜか定番。個人的には止めたほうがいいと思うんだけど…。
そして隣の席の人は「巻き寿司」を食べていたんだけど、それを見てビックリ。具がほうれん草やら、ブロッコリやら(違うかもしれないけど、ブロッコリに限りなく近い野菜)とにかく緑の野菜ONLYのやつ。ただ茹でてある野菜だったら、絶対に美味しくないと思うので、野菜は塩茹でされて下味がついていると思いたいんだけど。
このお店はvegetarian restaurantなのは確かだけど、この野菜寿司はやりすぎって感じ。
posted by さくら at 14:40| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ふしぎ

日本ではほとんどカフェへ行かない私ですが、こちらではちょくちょく利用してます。理由としては「安くて美味しい」から。カフェラテのgrandeで$2ちょっと。スターバックスや talley's は日本よりちょっと安いくらいで、「高め」に感じるので利用することはほとんどなし。地元のカフェは、お店ごとに「ケーキがそれなり」とか「ラテが美味しい」とか特徴があるので、ケースバイケースで使い分けてます。
であるカフェで気づいたのが、for here (お店で飲む)か to go (持ち帰る)かで値段が違うこと。to go だとTAX無しなんだよねぇ、不思議なことに。最初はお店のお兄さんの計算間違い?とかと思っていたんだけど、地元の友達に聞いたらそういう違いがあるとのこと。なぜなのかはよく分らないところが、またアメリカっぽい(笑)。
posted by さくら at 14:26| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 不思議発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年03月26日

美容院

昨日は美容院に挑戦。日本では毎月美容院へ行っていたのに、こちらへ来てからは行っていなかったため、意を決して美容院へ。友達に聞いたりしてとりあえず美容院を決め(日本人の女性がいるところ)、予約のTELを入れる。希望の日時と、担当を伝えて予約が取れたところまではよかったんだけど、その後カラーもしたいけど夕方からでも(時間的に)可能か、と聞いたところ、その返事は全く理解できず…(泣)。とりあえず予約はとれたので、行ってからもう一度相談することにして美容院へ。担当をお願いした女性は、なかなか服や髪型のセンスがいい人でちょっと安心。やっぱり美容師さん本人の服や髪型に対するセンスって、カットのセンスにも関係すると思うんだよね。思い切ってかなりカットしてカラーもお願いすることにしました。出来上がった髪型はまあまあだったけど、カットの技術はやっぱり日本でやってもらっている人のほうがずっと上かなあ。私は髪の毛の量が多いので、それをどうやって少なくするかってところが美容師さんの腕の見せどころだと思うんだけど、昨日やってもらったところではかなりかみそりを使われたんだよねぇ。日本ではハサミでひたすら量を落としてもらっていたので、かみそりはちょっと抵抗がああったかな(髪が痛むというのもあるんだけど)。
会計はカラーも込みで98$。まあこんなもんかな…。
posted by さくら at 19:29| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年03月24日

情報量の違い

こちらに来てとても驚いたことの一つが、日本とのネット上での情報量の違い。授業で先生がいろいろなサイトを紹介してくれるんだけど(もちろん全部英語のサイト)、その種類の多さたるもの、日本語の10倍はあるんではないかと。英語力がネイティブ並にあって全部読めたら、本なんか買う必要ないでしょうと思うくらい。「IBMのサイトにいいホワイトペーパーがあるから」と紹介されて、同じ内容の日本語版を探そうとしても見つからない、なんてことはしょっちゅう。これはやはりKnowledge Managementに対する意識の違いなんだろうか。明らかなのは日本の情報整備が遅れているってことなんだけど。あ〜、英語力がもっとあればかなり賢くなれるのに…。
posted by さくら at 17:42| サンフランシスコ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ケーキ

ルームメートの男の子がケーキを焼いてくれました。ケーキというよりは、りんごの入ったカステラという感じだったんだけど、すごく作り方は簡単なのに、美味しかった!いや、堪能している場合ではないんですが…。
もう一人のルームメート(日本人女性)は全く料理はせず、私は一日一回。でも男の子は基本的に朝昼晩自炊で、かつほとんどが和食。日本人女性としての権威というか美点を全く発揮できていない私たちってどうなんだろう…。
posted by さくら at 17:29| サンフランシスコ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年03月22日

双子誕生

友達のところに、双子が生まれました。それも男の子と女の子。めでた〜い!!育児の大変さはそれなりに理解しているつもりで、双子は特に大変とはよく聞く話だけど、自分が子供を持つなら双子がいいなあと思っているので(「いたので」か?)、ちとうらやましい。帰国したら是非遊びに行かねば。
posted by さくら at 13:04| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年03月21日

凹み気味

最近、いまいち精神的に乗れてない感じ。
学校では授業の内容に疑問を抱きつつも、グループワークとなると仕切り役を買って出てしまって自分に負荷をかけてしまう性格が嫌。「いい子」になるつもりはないんだから、もっと人に振ればいいのになあ…とは、前の会社でもよく思ったこと。まったく進歩していない自分にさらに落ち込む。
プライベートでも、人間関係でちょっといらいらしたり、傷ついたりすることがあって、不眠気味。なので体調まで優れず。こういう具合に精神的にもろい自分がまた嫌だったりして。
私の場合、人に対してのバリアの「高い」「低い」がかなりはっきりしていて(中間がない)、バリアが高い(心を許していない)相手とは、多少揉め事や行き違いがあっても、全然平気なんだけど、バリアが低い(心を開いている)相手とは、ちょっと気持ちの行き違いがあると、凹み度が大きい。信頼しているだけに余計そう感じるわけなんだけど、バリアの設定だけはいつも直感なので(ここが大人げない)、「この人とは相性がいい」と思って心を許したら、相手はそうでもなかった、というときに傷つくのかも。という分析はできるんだから、もっとコントロールすればいいのに、それができない私はどこかまだ大人になりきれていないということか。
posted by さくら at 17:54| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やっぱり危険!!

前に行ったことのある韓国焼肉へまた行ったんだけど、とうとう「ひやっ」とする出来事に出会いました。韓国焼肉屋が集まっているあたりは、黒人が多く人通りは少ない地域であまり安全とは言えないんだけど、帰りのバスを待っていたときに、黒人の男の人がタバコが欲しいと寄ってきて(そのとき、だんなと女友達がタバコを吸っていた)、をれを断ったのが発端。断ったときはすんなりあきらめて、その後同じバスに乗ったんだけど、途中でいきなり近づいてきてわめき始めて、だんなを蹴ろうとしてビックリ。一緒にいた男友達がその黒人のズボンを引っ張ったのと、バスの運転手さんがすぐに気づいて大声で怒ったのと、その黒人がいまいち弱い感じだったのとで、そのままわめくだけで降りて行ったけど、やっぱり怖かった。
夜だから危ないとかではなく、やっぱり路線や地区によって全然安全度が違うということを実感した日でした…。
posted by さくら at 14:05| サンフランシスコ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年03月20日

返品

こちらでは「返品システム」が根付いているんだけど、私もやってみました。ブツは懐中電灯。あまりに停電が頻発するので、自分用に買ったらアパートには2つもあることが分かって、やっぱり無駄でしょう、という結論に。もちろんお店では「家に予備があったので」なんていうことには触れず「思ったより暗かったので(じゃあ代わりのを買えという話もあるけど)要りません」と言ってみる。プラスチックのパッケージを思い切りはさみで切っていたので、ちょっと不安だったんだけど、レジのお姉さんはなにやら偉い人とお話して、OKにしてくれました。
価格は800円程度だったので、日本でならやらなかっただろうなぁ。
posted by さくら at 01:54| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

歯医者ふたたび…

火曜日の夜にかぶせてあったクラウン(銀のかぶせもの)が突然取れてしまい、また歯医者へ行く羽目に(泣)。もちろん予約は直接窓口へ行って取って、今日授業の前(8:00am)に寄ってきました。まだ2回目とは言え、保険のない学生の身分の日本人はそうそう通っていないようで、先生も覚えてくれていて「今度はどうしたの?」と優しく迎えてくれる。幸いなことに、歯のほうは問題ないということで、セメントでクラウンをはめてもらって完了。支払いは$70。最初は「高い!」と思っていた治療費だけど、日本なら30%負担と考えると、2000円くらいだから、そんなものと言えばそんなものののような気もする。
にしても、どうして海外にいるときに限っていろいろ起こるんだろう。まあたくましくはなってきているけど、代償は安くない!
posted by さくら at 01:46| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年03月18日

ふしぎ

レストランへ行ったときに、一緒にいた子が「この人は日本人で日本から来たんです(英語)」とオーダを取りに来たウェイトレスさんに話したら、「どれくらいいるの?」「どこに通っているの?」など幾つも質問されてしまった。間違いなく、すぐに忘れられてしまうと思うんだけど、それでもそうやって相手に関心を寄せる文化はすごいなあと思う。日本でそういう話の展開になることがあるとすれば、お店が高級でゆったりしているところかな。でないと、逆に不自然な感じ。確かにスーパーとかでも"how are you?"にちょっと詳しく答えると、すぐにいろいろ聞かれるからなあ。毎回似たようなことを聞かれるので、答えるのがうざいときもあるんだけど、これがアメリカ流ってことなのかな。
posted by さくら at 18:23| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 不思議発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まだまだです…

今日授業の合間に先生から「君はこのコースの後どうするんだ?」と質問をされたので、「英語だけ勉強したいんですけど」と答えたら「通じるから十分でしょう。」というありがたいような、ありがたくないような回答をいただいた。いやその「通じている」というのが私の英語力が伸びない原因なんですけど…。誰も直してくれないので、なんだかいつも同じ構文、同じ単語を使っていて、自分が頭の悪い子になったような気がするんだけど、その気持ちはなかなか分ってもらえないみたい。まだまだ精進が必要です。
昨日も"get short end of the stcik"(貧乏くじをひく)を教えてもらったときに、私の耳には"get short under the stick"と聞こえてしまったために、意味不明状態に陥ってしまった。文法的におかしいとい分っていても、そう聞こえると、それ以外には聞こえなくなるのが恐ろしいところ…。
posted by さくら at 18:16| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年03月17日

折り返し地点

あっという間に2ヶ月がすぎて、semesterの終了まで1ヶ月になってしまいました。最初は日が過ぎるのが遅くてかなりホームシックだったんだけど、1ヶ月を過ぎたあたりから日が経つのが早く感じられるようになって、今となっては「もう終わり?」という気持ちのほうが強いかも。日本語教師養成講座の異文化論で学んだ新環境への適応曲線そのもの(笑)。
そして振り返ってみれば、ろくに観光もせず、英語力は大して変わらず、で、かなり「やり残した感」が強いかも。最初は修了したら速攻で帰国するつもりだったけど、今は少し残ろうかなと思ったり。もう二度とこんな生活をすることもないだろうし、観光はともかく英語力に向上が見られていないってのは、自分的には納得がいかないし…。学校が修了してから2ヶ月はアメリカに滞在できる権利があるので、それをめいっぱい使うってのもありかも、と思う今日この頃…。
もちろん会社を辞めてかなり月日が経ってしまっているので、社会復帰を考えるとこちらに残るのもかなりリスキーではあるんだけど、もう少しで死ぬかもしれないと思ったら、結局「今したいようにする」のがベストのような気もして、迷うところです。
まあ、迷えるだけ恵まれた環境にいるとも言えるんだけど。日本で頑張って働いているみなさんには申し訳ないです。
posted by さくら at 15:01| サンフランシスコ ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年03月16日

ふしぎ

このところ暑い日が続いている(昼間に半袖になれるくらい)んだけど、最近頻発しているのが停電。面白いのは、ワンブロック単位でも停電が発生すること。そして復旧には時間がかかること。先週あたりからダウンタウンで時々「あれ?このブロックだけ停電?」とか思うことがあったんだけど、昨日はうちのアパート一帯が停電。夕方の6時という微妙な時間帯で、外で勉強しようにも暗くなりかかっていて、仕方なくPCを抱えてカフェへ。それでも昨日は一時間くらいで復旧したから良かったんだけど、今日はダウンタウンのかなりの範囲で停電が発生。学校で授業を聞いている最中にいきなり全部の電源が落ちてしまってビックリ。2時間くらい経っても復旧せず、結局、学校は夜のクラスを全部キャンセルしたみたい。
日本なら停電が起こっても長くて数十秒で復旧するし、数時間も停電することがあれば、即ニュースものだよなあ。なんで当たり前のようにライフラインがダウンするのかすごく不思議。停電するとお店とかも全部閉まってしまって商売も上がったりだと思うのに、誰も文句言わないのも不思議だけど…。まあ停電のおかげで「休憩がとれてラッキー」くらいの感じなんだろうけど。
posted by さくら at 14:59| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 不思議発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年03月15日

無意志動詞

「手が届ける(届く)」という表現の間違いはどこから来ているのか。ルームメートの子の間違いを聞いてまじめに調べてみました。結局は「無意志動詞で可能形は使わない」という結論になったんだけど、合ってたかちょっと心配。たぶん大丈夫だと思うんだけど。もちろん可能形で使えるものもあるけど、意味が変わるので、それは別モノってことで。cannot reach だから、「届く」を可能形にして「届ける」という発想に間違いはないんだけどね。やっぱり大学での教授法と私が習ってきた教授法には違いがあって、かなり話せるのに「へ」と「に」の違いがあいまいだったりして、教授法の違いはとても興味深い。
posted by さくら at 17:28| ☁| Comment(0) | 日本語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パーティ

最近体調がいまいちだったこともあって、ちょっとさぼり気味だったので書くことが溜まってます。
昨日(土曜日)からクラスメートの女の子が同居することになって、これで3部屋全部埋まりました。ってことで引越し祝いと、ルームメート(英語ではシェアメートとは言わないらしい)の男の子の日本語能力向上の場を設けるという名目で昨日はアパートで軽く飲み会。食器も食材も(特に調味料)も限られているので、日本で自宅に友達を呼んだときにみたいにいろいろ作れなくて、近所の美味しいピザ屋さんでピザを購入。あとはタコスチップスやサラダをつまんで、というレベル。でも、なんかアメリカっぽくてそれはそれなりに美味しいお酒が飲めました。ただ、途中で眠くなってしまって、コーヒーを飲んだのがいけなかったのか、夜中にぱっちり目が冴えてしまったのには参った…。
posted by さくら at 17:12| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ふしぎ

アメリカって国は本当に進んでいるんだか、遅れているんだか…。今日ケーブルカーに乗ったんだけど、乗るまでに40分も待つ羽目に。それは仕方ないとしても、まず乗れるだけ乗せてから、車掌が順番に料金を集めて、全員から集め終わってからじゃないと出発しないっていうのはどうなんでしょう。車掌も運転手もその他の職員(?)もかなりの数いるのに、誰も「乗車する前(待ち行列ができているところで)」に集金しようとしないんだよねぇ。40分並んで、前のケーブルカーでこの光景が繰り広げられているのも見たときには、あまりの非効率さにびっくりって感じでした。
posted by さくら at 16:49| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 不思議発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

とうとう

こちらでも花粉症を発症しました。もちろん日本にいるときに比べれば全然軽いんだけど、今日は昼間外出していたので、これまでで一番辛かった(泣)。薬を飲んでいないので仕方ないとは言え、くしゃみが止まらなくて鼻もずるずる状態に…。それでも夕方になったらある程度治まるだけマシとも言えるんだけど。確かに周りをよく見ると、杉の木が案外あるんだな、これが。ちなみに近所にあるストリートの名前は"Ceder Street"と言って、まさに道の両側にはスギ。花の咲き乱れるいい季節になってきたのに、当分私には辛い時期が続きそう…。
posted by さくら at 16:35| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。