2004年04月29日

Human Equality

UCBでは夜にいろんな特別講義が開催されていて、昨日はHuman Equalityというレクチャーがあったので、参加してみました。もちろん基本はUCBの学生対象なんだけど、たいていの場合「友達から紹介されて」と言えば、問題なし。昨日は受付でのチェックすらなくて、そのまま教室へ。
こういう風に門戸が広いっていうのはすごいなあと思う。ただ、こういう講義があることを一般の人は知る術がないから、大勢が押しかけて、次から問題になるということもないとも言える。
講義のポイントは「人間は平等か否か」ということだったんだけど、結論は分らず…。まあ誰でも聞けるのはいいんだけど、問題は「私が理解できない」ってことかな、やっぱり。一応、それなりに付いていってはいる(聞けてはいる)んだけど、どこがポイントか分らなくて、「で、それで?」みたいな感じで終わってしまった。こんなんで次のコースについていけるのだろうか…。
posted by さくら at 15:16| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月27日

UC Berkeley Summer Session

先週一週間、ほとんどこれで潰れました。この後何を勉強するか迷って、とりあえずUCBの夏期講習をとることに決めたところまではよかったんだけど、どのクラスをとるかで悩んでしまって…。UCB Summer Sessionというのは、UCBの通常の授業を一般にも公開するというのが基本スタンス。なのでUCBの学生はサマーセッションで単位を取ることもできるわけ。最初は「英語力向上」ということで、international student向けのEnglish as a second languageというカテゴリの中でクラスを探していたんだけど、ルームメートから「アメリカ人の学生に混じって勉強するほうが面白いよ」と勧められてから、一気に方向転換。普通の授業の中で自分が興味のあるクラスを探して、時間帯が自分のスケジュールに合うかチェックして、授業の内容をUCBのホームページから検索して目を通して…というのを、たぶん10クラス分くらいやったと思う。結局は、時間帯の合う、合わないで最終的に2クラス取ることに(2クラス取らないと、アメリカに滞在し続けられないので)。一つは心理学で、一つはESLのクラス。たぶん心理学のほうが大変なので、少し楽をしたいなあと思って一つはESLにしてみました。
posted by さくら at 17:34| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Job Fair

ちょっと前だけど、興味半分でUCBで行われていたjob fairへ行ってきました。job fairというのは、大学の広い講堂みたいなところにいろんな企業が集まって、新入社員をリクルートする場。全部で100社近く出ていたんじゃないかな。学生は自分の履歴書をたくさん用意して、興味のある会社のブースの前でリクルータといろいろ話をするわけ。日本と違うなあと思ったのは、椅子がないこと。リクルータも学生も立ったまま、話をするんだよね。これって机をはさんで…という形式よりも、心理的距離は近くなるし、会話が固くならないという効果があると思う。学生もがんがん自分をアピールしまくってた。服装もスーツあり、ジーンズありで、こんなところもアメリカっぽいなあと思ったり…。
posted by さくら at 17:12| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月24日

yoga

最近忙しかったのと、体調不良によりご無沙汰だったスポーツクラブへ久々に行って来ました。で、たまには何かクラスに出てみようかと思って、ヨガのクラスに参加したんだけど、これが全くインストラクターの言っていることが分らない状態(汗)。見よう見真似でポーズは作れるし、自己流でやったこともあるので呼吸法もだいたい分っているから付いてはいけるんだけど、「ここまで言われていることが分らないってのはどういうこと?」と思うほど分らないという事実に驚愕。絶対に日本語で聞いたら大したこと言ってないと思うんだけど…。挙句、まだ体調が完全ではなかったのもあって、途中で気分が悪くなって抜ける羽目に。ヨガは性格的にも向いてないなあと思ったけどね…。
posted by さくら at 17:03| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月20日

部屋

room1

玄関のドアを入ってすぐの景色はこんな感じ。すぐにリビングなのは日本人的感覚では考えられないんだけど…。建物はshabbyだけど、去年リノベーションされているのでキレイです。ちなみにテーブルの上の赤い花は学校修了のお祝いにルームメート(何度も書くけどUCBの学生で男の子)が買って来てくれたもの。
posted by さくら at 15:17| サンフランシスコ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

怠け者

学校が終わって初めての週。洗濯をしたり、デジカメの写真を整理したり、ぼーっとTVを見たりして、本当に怠惰な一日…。渡米前も日本語教師養成講座のコースをキリのいいところまで取って、卒業要件の提出物を全部出して、渡米の準備をして…と休む間がなかったので、こんなに「今日絶対にやらないとダメなことが無い」という日は夏以来かも〜。と言っても、今後どうするかを考えるためにネットでいろいろ学校の情報を集めたりして、大量の英語を読んだために頭は使ったんだけど…。
明日は再度病院へ。自覚症状は全部消えたので問題ないはず。
posted by さくら at 14:28| サンフランシスコ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月18日

アメリカ式結婚式

ルームメートのお母さんが再婚するってことで、結婚式に(お母さんにも何回かアパートで遭遇していたので)参列させていただきました。教会はお母さんの家があるところ(Amtrakで1.5時間)の地元のcommunity church。簡素な感じだったけど、ちゃんとした教会。で、パーティは式の後、家でやるということで、私もちょっと先乗りしてお手伝い。でも、家でパーティするのはやっぱり大変!自分の着替え(ドレスへの)の心配をしつつ、帰宅後のパーティのことも考えないといけないんだもん。とりあえず食器を並べたり、洗い物したり…子供の手伝いのようなことをしてみたり。
式そのものの流れは日本で教会式でやる人のと同じ感じだったんだけど、全編英語(当然)だったし、キャンドルを点す役目とお母さんと歩く役目をルームメートがやったり、ブライドメイドが詩を朗読したり、という点でアメリカを感じました(笑)。というか、ルームメートの家族は元々はロシア出身なので、ロシア語があちこちで飛び交っていたというのもかなり珍しかったかも(笑)。私も何度かロシア語で話し掛けられたりして、ちょっとビックリ。向こうは英語で話しているつもりなんだよね(笑)。で私が英語で「ロシア語はわかんないんですけど」と言うと慌てて言い直してくれるんだけど、全然分らないのが申し訳なかったりして…。
パーティの料理はお母さんの友達が作ってくれたものやら、ケータリングしたものやら、いろいろあったんだけど、味付けはロシア風。なので私には口に合わないものもあったんだけど、当然ピロシキもあって、私はこれをかなり堪能。
でも一日大量の外人の中にいてかなり疲れた…。
posted by さくら at 17:54| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Mamma Mia

ちょっと日付が前後。木曜日の夜はクラスメートとSFへミュージカル鑑賞。基本的に日本ではミュージカルは観ない(胡散臭く感じるので)んだけど、海外では別。ただ残念なことにSFには地元の劇団(というのか?)がないために、上演されている演目も期間もすごく限られているんだよね。で、週末で終わってしまうMamma Miaを駆け込みで鑑賞。mezzanineで$60は、割高かなあ。値段的にはそんなものでも、NYならもっっと雰囲気のある劇場で観られることを思うと、ちょっと高く感じたかな。メンバは男友達3人と私だったんだけど、一人Koreanだったために会話は英語。そしてその子は27歳のために、ABBAを知らなかった…。つーか、一番歳が近い子でも6歳離れているから、ABBAの全盛期とかは知らないんだよね。こういうときにジェネレーションギャップを感じる(苦笑)。
ミュージカルの内容そのものは、単純な結婚話。ただ全般にABBAの曲が使われていて、ABBAに感化されて英語を勉強するようになった私としては、曲が沢山聴けただけでかなり満足〜。木曜日の夜というのに8割方席は埋まっていたのはすごいかも。で、今期間限定でやっているLion Kingは全然チケットが無いらしい(驚)。
posted by さくら at 17:37| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

卒業式(というより修了式)

昨日(金曜日)、今日とちょっと忙しくてアップするのが遅れてしまったけど、とりあえず昨日無事修了式を迎えました。やっぱりこれだけ「勉強」に集中した後だと、式そのものは大したことなくても、感慨深いものがあったなあ。一応、ベンチャーの社長が keynote speech をしたりもして、それなりに式っぽかった。ビジネスする上で大切な4つの要素は vision, passion, instinct, agility というお話を聞きました。
で、午後からは reception だったんだけど、それでご飯が出ることを期待して行ってみたら、なんと軽食のみ。100万近く授業料取っているんだから、もっといいもの出せ!と最後の最後で憤慨してみたり…。
週末も毎週集まった仲間とは絆も深まってたので、やっぱりすぐに日本へ帰国してしまうと聞いたりすると、かなり淋しいものが…。プラス仲が良かった子に限って帰国とか別の場所へ行くとかで、離れてしまうことが分ってがっかり。これまで携帯で「ちょっとご飯食べよう!」というノリで誘えていた仲間がいなくなるのは、つまらんもんです。
来週はこれからどうするか真剣に考える週にする予定。
posted by さくら at 17:28| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月16日

とりあえず体調復活

その後体調は回復傾向にあって一安心。明日は来週の通院の予約を「電話で」とるという仕事が残っているけど、まあ大事に至ることはないだろうとタカをくくってます(笑)。ただ絶対にもう一回尿検査が必要なはず(治っていることを確認する)なのに、「予約=診察の予約」で、検査の予約はないらしい。ってことは診察受けてから、また検査して、再診察になるのか?という疑問が。それも非効率的なので、予約するときに係りの人に「検査をしてから診察とお願いしてみようかな」とルームメートに相談したら、「ここはアメリカなので予約係りの人がそんなことはしない」と一蹴されてしまった…。
posted by さくら at 17:36| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月14日

New Experience

いつものことながら、来る(何か体調が悪くなる)ときには突然大きいのがやってくるパターン。日曜日の夜中から膀胱炎を発症(泣)。最初は「トイレが近いなあ」と思っていただけだったのが、昨日(月曜)の朝は「うーん、何回行っても行きたいなあ」に変わって、学校のトイレで血尿が出たときには「こりゃやばい」というモードに…。先生に授業をスキップする旨を伝えて、学校から紹介されていたクリニック( UCB の学生向け)に。受付で事情を話したら「まず先生との予約が必要なのでアポイントをとる係と話して」と言われて、まず予約を取るために10分程度待つ。なんかこの時点でかなり疲れたんだよね。その後先生との予約が取れたものの、時間は2時間後(泣)。その前に尿検査が必要だったりしたんだけど、いかんせんこの手の医療用語は分らないので、言われていることを把握するのに必死。待っている間もせっせと辞書を引いて自分の症状を説明できるだけの英単語を頭に叩き込む羽目に…。尿検査一つとっても「どこでどうやって採って、その後何をするのか」ということを聞き取るのに全神経を集中させなきゃいけなくて自分の症状を忘れてしまうほど。「はい、これ読んでこの方法で採ってね」と言われて渡される説明は長いし、診察の前に「これ書いて」と言われた紙には既往症の一覧がずらっ…。NOにチェックすれば大丈夫だろうなあと思いながらも、一応全部辞書で確認してみたり。挙句、診察ではどんな薬が出るかが何回聞いても聞き取れなくて、とりあえず英単語を丸暗記して、受け取る前に調べて納得したりして。なんか体調が悪いのを忘れるほど他のことで神経をすり減らしてしまった…。
「受付」>「予約係」>「検査」>「支払い」>「診察」>「検査」>「薬受け取り」>「薬説明」>「支払い」が通ったルートで、もちろん診察以外にも各所でそれなりに待ったので、終わってみたら1:30pmでした(苦笑)。
さすがに薬の飲み方は副作用なんかがA4で2枚程度びっちり書いてあったのは、もう読む元気もなくて家に戻って来てからルームメートに読んで訳してもらったけど…。
でも、とりあえずここにこうやって書けるほどには体調は回復。薬の副作用で体がかなりだるい感じだけど、トイレが恋しくなることはなくなりました(笑)。
次の課題は保険のdeduct。お金を取り戻すためには($130程度支払った)英語で申請書を書かねばならないので、また一苦労だよなあ。
posted by さくら at 16:05| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月12日

久々のプロジェクトワーク

今日は日曜日だというのに昼から夜まで友達の寮でプロジェクトワーク(泣)。そしてただいま朝の3時で、ようやく自分の積み残し分を終えたところ。まあ2月、3月の殺人的な宿題の量に比べればゆうべも8時間眠れただけマシとも言えるんだけど、さすがに疲労がピークに達しているらしく、プロジェクトワークの進みもいまいちな感じ(苦笑)。いい加減飽きたというのが正解な気もするけど。最後の大きな宿題はビジネスプラン。自分たちのグループで考えているビジネスプランを仕上げる作業。2ヶ月くらい前にマーケティングの観点からのを一度仕上げていたんだけど、今回はそれにファイナンシャルのデータを付け加えて完成させるというもの。私はどうもお金関係は苦手で、今回は他のメンバに頼りっぱなし。せっせと清書することで勘弁してもらおうと思ったんだけど、他人のたたき台を清書する(マージする)のも案外大変で、言い回しや単語を統一したりするのに案外時間がかかってしまった。
明日は別件のプレゼンが一つで、火曜日はUMLのユースケースとアクティブダイアグラムの発表、水曜日はビジネスプランの発表、と最後の最後でまた厳しい日々が続きます…。
posted by さくら at 19:13| サンフランシスコ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月11日

sather tower

しばらく画像のアップロード方法が分らなくて(恥)、写真は上げていなかったんだけど、アップロード方法が分ってからも、わざわざ解像度落として、サーバにアップしてというのが面倒でやってませんでした。でもいい加減、日記ネタも尽きてきたので、今後は少しずつ写真を上げることにしようかなと。
第一弾はUCBのシンボル"sather tower"。先週ようやく時間を見つけて上ってみることに。なんてったって閉まるのが4時で、かつ週末は閉まっているので、これまでは行く余裕は無かったんだよね。上まではもちろんエレベータで。平日の 3:30 すぎでも8人ほど上がる人が。いや、ここからの景色はすごいです。バークレーそのものがかなり高い位置にあるんだけど、ここからは360度見渡せるんだよね〜。それなりに風も強くて高さがあることを実感。ちなみに途中の階でも降りれるようなボタンがエレベータには付いていたので、エレベータを操作してくれる人に聞いてみたところ、各階には恐竜の骨が保存されているそうな。
posted by さくら at 16:05| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

sather tower から

viewfromsather
posted by さくら at 15:56| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

UCBのシンボル

sather_1
posted by さくら at 15:49| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NBA

以前 NY で野球を見たことはあったので、今回は NBA を見に行ってきました。昨日(金曜日)に学校が終わったあと、一度荷物を置きに家へ戻って(スタジアムにはバックパックは持ち込めず、かつロッカーも無いと聞いていたので)、再度外出。チケットは $115 とかなり高め。まあその分、こぎれいなラウンジ(売店+テーブルなど)を使えるというメリットはあるんだけど、ちょっと高すぎだよなあ。この値段でも前から15列目くらいだったし…。プラス肝心の試合がかなりイケてなかった。地元 warriors はパスもシュートも正確さにかけてるし、敵の minnesota timberwolves もガーネット以外にはそれほど見るべき選手はいないし…。TV で見る NBA はもっとダンクシュートとかが炸裂していたぞ!!
唯一面白いなあと思ったのは、タイムアウトのときにいろんなスポンサーからのプレゼント(ピザとかステーキとか)が、客席に配られること。もちろん、数は限られているので、ゲットするためには目立った行動をとって、配ってくれる人の気を引くことが肝心。もちろん何もゲットできなかったんだけどね。
posted by さくら at 13:34| サンフランシスコ ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月09日

オーブン

寮を出てアパート暮らしを始めて一ヶ月ちょっと経ったけど、ここへ越して来てから、オーブンを頻繁に利用するようになったかも。日本のと違って大きくて火力もあるから、気軽に使えるんだよね〜。肉に塩・コショウして放り込むだけで、それなりに美味しくなるし。おかげで日本では「お菓子」類を全く作らなかった私が、週に一回くらいケーキを作っているかも(すごい)。もちろんケーキと言っても、粉をふるうわけでなく、卵白をあわ立てるわけでなく、すごーくアメリカ流の適当な作り方なんだけど。当然生クリームとかもなくて、だいたい「果物が熟れすぎてきたなあ」と思った頃に、果物の入ったシンプルなケーキを作るという感じ。夜遅くに思い立って作り始めても生地を作るのに20分、あとはオーブンに入れて30分とかだから、楽チン。まあ分量が適当なので、毎回固さとかがまちまちでルームメート(の男の子)に「今回のは粉が多すぎ」とか注意されているけど(汗)。もう一人のルームメート(日本人の女の子)は毎回黙って食べてくれているけどね(笑)。
今日はりんごがボケボケになってきたので、りんごジャムを作りました。
posted by さくら at 13:17| サンフランシスコ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月08日

日本料理

親が帰国する前の夜に親のすねをかじって日本食を食べに出かけたんだけど、ルームメートも一緒に連れていったら、一人だけ英語のメニューを渡されたんだよね(笑)。まあ普通に考えればそうなんだけど、彼の場合は自分だけ「外人」扱いされたのがショックだったみたい。で、私のところに来た日本語のメニューを必死で読んでみたものの、結局一品料理とかは全然イメージが掴めないらしく、途中でギブアップ。
行ったところはSFヒルトンの中の日本料理レストランで、4人で$133。まあまあのお値段かな。もちろん、自腹では出したくない金額だけど、かなりtake awayもしたことを考えると、めちゃくちゃ高いってほどでもない。味もこれまでの日本料理レストランに比べると全然美味しいかったし。ただ、お寿司の大きさにはちょっとびっくり。アメリカサイズなんだな、これが。日本のお寿司の3倍くらいの大きさ(笑)。まあネタも大きいから許せるけど。まぐろの釜の塩焼きとか、山かけとか、からっと揚がった天ぷらとか、どう頑張ってもアパートで料理できないようなものが食べられたのは良かったかな。
posted by さくら at 16:34| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月06日

Spring Forward

サマータイムというの和製英語らしい。
昨日(日曜日)から夏時間になったんだけど、先週ニュースで聞いていたときには「もうすぐなのね」と思っていたのに、すっかり忘れていて、昨日は待ち合わせ時間を1時間間違えてしまった。つーか寝坊したんだけど…。朝ルームメイトに「もう9:30だけど(待ち合わせに)間に合うの?」と言われてもすぐには理解できず、「何言ってんの。まだ8:30じゃない?」と返事をしたら「今日から夏時間たよ」と言われて青ざめた始末(汗)。
でも、昼間に友達から「今何時?」と電話がかかってきたりして、やっぱり夏時間のない国の人間には慣れないシステムです(笑)。
今日授業に遅刻した人がいなかったところを見ると、やっぱり一応、日曜日に切り替わるようにしてあるところがミソなのかも〜。
posted by さくら at 15:46| サンフランシスコ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月05日

親登場

この週末は今度は親がやってきたので、そのお相手で潰れてしまいました。だんなのときは自分である程度行動してもらったけど、親となると放っておくわけにもいかず、二日間お付き合い。宿題もあったので夕方には開放してもらったけど、それでも二日とも早起きしてのお相手は疲れました…。でも昨日はバークレーへも来てもらって、住んでいるアパートも見てもらえてよかったかな。私の生活をかいま見ることができて安心してもらえたみたいだし。ただ、二人がアパートに来たときは、ルームメートは二人とも在宅しているし、私の友達は通りすがりに訪ねて来るし、で、親としては面食らったよう(笑)。挙句、UCBの男の子はうちの母に「大学病院の仕組み」とかをノート持参で質問し始めて(彼は「白い巨塔」にはまっている)、私抜きで会話は進行…。まあ時間をつぶすことができて良かったんだけど。
最低限の親孝行はできたでしょう。

posted by さくら at 17:36| サンフランシスコ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。