2005年01月04日

ブログ移行

することにしました。特に理由はないんですが、文字のサイズが気に入ったのと、年も変わったということで。
posted by さくら at 00:00| 東京 ☁| Comment(35) | TrackBack(11) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月31日

HDD crash Part2

HDDの換装をどうしようか迷ってまずソニーのカスタマーリンクに電話してみるものの「今年末年始ですから、今から預かっても1月の後半までかかります」とふざけた答え。そーなると自力換装しかないんだけど、「ノートPCは、はまる」というのがもっぱらの評判だったので、まず情報収集。
そこでぶつかった問題が、私のPCの型についての情報が異常に少ないこと&案外PCに詳しい人たちが情報提供しているサイトでも「メーカに預けるのはともかく、自分でやらずショップに頼んだほうがいい」というコメントが多かったこと。

とりあえず、どのHDDなら私のPCにつくのか情報を検索してなんとか一種類見つけ、HDD換装をやってくれるっショップ探し。

なんといっても年末で実家に帰省しているから、「とりあえず秋葉へ」というわけにいかないところが辛い。それでもなんとかPCの開け方の情報もネットでゲットし、雪の中街へ出かける。

まずHDDを見つけるのに一苦労。マニア向けの店に行っても「動作保証できないので、箱物HDDのほうがいいですよ」と言われるも、「箱物(I/OデータやBUFFALO)」は高い!仕方なく、マニア向けの店を幾つも回るも、求める型番がなかなか見つからず。5件目でようやく発見し、そこで換装もやってくれるというのでお願いする。
が、お店のお兄さんも私のPCには詳しくなく、力任せに作業を進めようとするので、慌てて「このサイトに開け方買いてありますから!」と書き留めておいたURLを渡して見てもらう。交換作業は正味30分ほど。

ラッキーにもリカバリーCDを持参してきたのと、昨日ぶっ飛ぶ前に重要なデータだけバックアップをとっておいたので、帰宅後5時間ほどかけて、なんとか使うのに不便のない状態に。

しかし、これが今年最後のイベントとは…。終わりよければすべてよし、の完全に逆パターン(苦笑)。来年はいい年にしたい。


posted by さくら at 21:40| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

HDD crash PART1

2週間ほど前から異音を発していたHDDがとうとうダメになってしまいました。

異音が発生し始めた2週間前は、blue screen が出るようになってきたものの、休ませるとしばらく大丈夫だったので、以前よりも頻繁に電源を落とすようにして小康状態を保っていたんだけど(異音も治まっていた)、帰省のためにPCを運んだのが災いしたのか、実家に到着して一日も経たないうちにお亡くなりになってしまった。

今回そのダメになっていく過程をつぶさにみていたんだけど(何度も再起動させたってこと)、
・blue screenの頻度が高くなって
・エラーメッセージも KERNEL_INPAGE_ERRORというなんだかちょっと深刻そうなのが出るようになって
・例の「セーフモード」「通常起動」などを選ぶ画面が出るようになって
・最後に再起動しようとすると、"Immediately back up your data and replace your HDD"と出て一切起動しなくなった

HDDの換装に続く…

posted by さくら at 21:30| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月26日

一つ年を重ねて…

帰国してからTVを見ていると「あれ?この人老けたなあ」と思う人が案外いる。TVでお目にかかるわけなので、芸能人とかなんだけど。最初に「あれ?」と思ったのはGLAYのTERU。なんか老けたぞー。好みの顔だったのにー。ほっぺたの肉が下がったか…。

もちろん人のことは言えません。私も一つ年をとり、「もっといい化粧品はないのか」「いやエステか」と悩む今日このごろ。
posted by さくら at 01:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月24日

Seeking Friends

英語力低下を防ぐためには、英語ネイティブの交友関係を作らねば…と思い、友達とある英語関連サイトが主催したクリスマスパーティへ出かけてみる。

他の「外国人男性と日本人女性がお互いにナンパするパーティ」とは違い、場所もクラブとかでなく外国人記者クラブというお堅い場所。確かに来ている人も「安全度」は高そうな(ビジネスマン風が多い)だったんだけど、トータル200人くらいのうち、日本人が65%、そのうち90%くらいが女性。外国人はほぼ100%男性。

というわけで、やはり目的は「クラブでのパーティ」と大差ない感じ。名刺を配りまくっている白人のビジネスマン、「引っ掛けてください」といわんばかりの格好をして来ている日本人の女性なんかを見ていると、同じ日本人女性として情けなく、かつ日本人なら簡単に落とせると思っている白人(なぜかバカっぽい行動をとっているのは白人。自信過剰か!?)にむかついたりして。

私と友達は安全そうな人に話しかけるようにしたんだけど、やっぱり10分くらい話してまた別の人と話して、じゃ、話題も深くならなくて(自己紹介ばかり)、終わりまで残る気になれず。唯一の収穫はある英会話学校の社長(?)みたいな人から名刺をゲットし「仕事が欲しいんです」と言ったら、CV送ってといわれたことくらいかなあ。でも語学学校の受付も自分がしたい仕事か?と問われると…。

とりあえず、もうこの手のパーティは成果が出ないということだけが分かったかな。
posted by さくら at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月21日

良い歯医者とは?

今日も歯医者。大した痛みもなく、腫れもまったくなく数日経過しての再診。

先生は「あの治療なら痛みも腫れもひどいはずなんだけどなあ。丈夫な顎してますね」とびっくり。私が「顎が丈夫なのはいいんですけど、その前に歯が丈夫でないことが問題です」と返事をすると、爆笑された。いやマジなんですけど。

この先生は私が見るところ20代後半から30代前半で、かなりハンサム(マスクで口の部分は見えないが)。説明もとても親切で、私のように多少歯科治療の知識があって(違法だと思うけど、昔一時歯科助手のバイトをしてた)、いろんな質問をするイヤな患者にもとても優しい。やっぱり「説明が丁寧」って大事。

子供の頃から歯が弱く、通算すれば10軒以上の歯医者に通ったことのある私が思う「はずれのない歯医者」の条件は、

1. 待ち時間が少ないところ。患者の予約を一時間にあまりたくさん入れてないということ。多くても一時間3人くらいまで。私の先生のように「次の治療は、この人の予約は一時間取ってね」なんて言ってくれるのはグッド。(結局そのときは2時間近くかかったんだけど)

2. 個人の歯科医より複数の先生がいる歯医者のほうが「はずれ」が少ない。想像できる理由としては「個人でやっているところより利益追求度が分散されるから患者を詰め込まない」「もしその先生が困ってもサポートできる先生がいるから」
実際、私は昔親知らずを抜いたとき、あまりに生え方に問題があり担当の先生が困り果て、他に2人の先生にヘルプしてもらって抜いたという経験あり。

3. 歯科助手の人がたくさんいるところ。歯科助手の役割は重要です。一人がバキューム(口の中の水分を吸い取るやつ)を患者さんに使って、もう一人が次に使う薬を練るなんてことはよくあるので。一人の先生に2人以上の歯科助手がつくくらい余裕がないと。

4. 説明が丁寧なところ(前述)。





posted by さくら at 00:30| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月18日

カフェ

アメリカでは気軽に利用していたカフェ(スタバクラスの)だけど、いろんな意味でやっぱり日本では入るのをためらってしまう。

1. 高い
一番小さいサイズで250円とかするのは高すぎ。それもカップが本当に小さい。アメリカでもスタバは高いなあと思っていたけど、それでもhouse coffee ならtallで$1.4くらい。そのtallも日本のgrandeだし。日本のSってこんなに小さかったか!?と驚いた。

2. 混んでる
ゆっくり本とかを読めるようなカフェが少ない。そういう目的だとスタバのようなカフェじゃなく、もっとおしゃれなところになってしまう。でcoffee一杯で600円とか。これは私にとっては高すぎ。スタバクラスのカフェは全体的に、ごみごみしていて、隣ともテーブルが近かったりして、くつろぐ気になれない。

3. 分煙
が徹底されていないところも、まだたくさんある。アメリカ滞在中に一気に「煙嫌い」になった私(友達の煙を吸うのは我慢できるけど)は、分煙されていないカフェはもう入れないな…。
posted by さくら at 11:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月17日

久々の大治療

歯医者3回目。

インプラントはやめたものの、かぶせたい歯の高さが足りないということで、歯の周りの歯茎を切開して少し下げ、かつその歯の下の骨を削ることに。

いや、久々の「なかなか辛い体験」でした。口はほぼ一時間開けっ放しだし、骨を削るときは頭全体に響くし、麻酔がちゃんと効いていたのはよかったけど、かなりの麻酔を打ったし。縫合にもかなり時間がかかったので、たぶんかなり切ったんだろうな。(今は薬がかぶせてあって見えないから分からない)

先生に何度も「大丈夫ですか?」と聞かれて、「もう止めて欲しい」と思ったけど、止められるわけないんだから我慢我慢。

終ったあとは麻酔のせいもあり、口を閉めるのも不自然に。この後、顔が腫れないのを祈るのみ。

しかし、こういう治療をアメリカで受けたらやっぱり不安な気がする…。



posted by さくら at 19:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月16日

豪華な病院はやはりサービスもよい?

帰国してから、あちこち気になっていたところを見てもらうために、幾つか病院へ行っているんだけど、先日行った病院では「さすが」と思わされる部分があった。

そこは芸能人なんかがお産をすることでも有名なかなり豪華な病院。

待合室はホテルのロビーみたいで昼休みには、なぜかピアノ演奏もある(おかげで会計で名前を呼ばれても聴こえないことがあるんだけど)。

で数日前にそこで定期検査してもらったんだけど、先生に一点聞くのを忘れたことがあって、「あーそのためにも予約しないとだめなのかなあ」と思いつつ電話をしてみる。そしたら「今は診療時間外ですので、先生の携帯にも電話してみたんですが(いや、そこまでしてくれなくてもいいんだけど)、繋がらなくて」と丁寧なお答え。なので「じゃあまた電話します」と言ったら、「先生がいるのは次は土曜日です。質問の内容を伺ってカルテを準備しておきますから、土曜日に予約センターの○○(その人の名前)にお電話ください」だって。
「質問内容を書き留めて、カルテを出しておく」なんていう配慮は、日本のほかの病院でもしないだろう。

さすが入院費もバカ高い病院だけあって、サービスも格が違う。こういうサービスにならお金払ってもいいんだよね。
posted by さくら at 16:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月13日

日本はまだまだキャッシュなのね

帰国してからしょっちゅう銀行でお金を降ろしている気がする。

それは日本がまだ「キャッシュ」社会だから。アメリカでは$10以上であれば必ずクレジットカードを使っていたので、現金はいつも$60くらいしか持ってなかった(それでもアメリカ人に比べれば多く持ち歩いていたほう)んだけど、日本では常に2万円くらいは財布に入れておかないと、案外困る。

この前もふらっと入ったドラッグストアで化粧品を8000円くらいまとめ買いして、「カード使えるかな」と思ったらNGだったので、すぐに一万円札が消えたもんね。その後友達とご飯を食べる予定だったので、思わず「足りるか?」と財布の残額を確認してしまった。

病院とかもカード使えないところ多いし。でもキャッシュ社会ってのは安全な国であることの証明でもある。だってレジの中に現金がたくさんあるのに、それを盗られるかもという発想がないってことだもんね。
posted by さくら at 23:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マツケンサンバ

って、なんか麻薬みたい。

帰国してから流行っているのは知ったんだけど、韓流ブームのように「なんだこれは!?」みたいな感じではなく、すんなり自分に入ってきたのが怖い(笑)。松平健のような「お堅い」イメージの昔でいうところの「二枚目」がサンバを歌うイロモノになっているのが面白いのかなあと思っていたんだけど、どうも歌そのものにも何かある気がする。

メロディもありきたりのサンバ調なんだけど、なぜか「もう一回聴こう」という気になるのはなぜなのかなあ…。一過性のものなのは確かなので紅白で唄ったら、それ以降メディアへの露出は控えたほうが「あれ、よかったよね」で終われる気がします。
posted by さくら at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月10日

ブッシュ難民

TVのニュースで使っていた言葉。英語は吹き替えされてたので、聞こえなかったんだけど、そのままBush refugeeだったと思う。

ブッシュが再選されてアメリカに絶望した人がカナダへの移住を考えていて、そういう人向け対象のセミナーがとても流行っているとのこと。取材されていたのはシアトルだったけど、ホントに盛況でびっくり。

少し前に読んだ雑誌で、戦争に関わるのがイヤでカナダに逃げた軍人の記事があったけど、この場合は本当に難民扱いで生活も大変らしい。難民申請を出しても却下される可能性が高いとのこと。

アメリカもやっぱりブッシュ一色じゃない…。
posted by さくら at 21:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

歯医者その後

インプラントは丁寧にお断りしたものの、歯茎の腫れがひかないので、その場所の治療を開始できず。先生は「ここだけ(左の下、奥)歯の高さが足りないというか、歯茎が盛り上がっているというか、それが気になりますね」と、またその部分だけレントゲンを撮ってみる。結局「一度切開して中を見てみましょう。そのためには今かぶせてある銀の詰め物を全部取ることもしないとダメなんですが、中で炎症を起こしているかも」だって。

いやー、インプラントは逃れたけど、かなり長期&painfulな治療になりそう…。次の予約が一時間になっていたので、次は顔が腫れるような治療になるかも(泣)。

posted by さくら at 21:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月08日

さぼっていたので、まとめて…

働いているわけでもないのに、毎日忙しいのはなぜなのか?前より行動がスローになったとは思いたくないんだけど。

とりあえず2日〜3日に一度は人に会うようにして、勘を取り戻し中。もちろん友達に会うと新しい刺激をもらえるので、それも楽しい。私もアメリカ生活で得た情報があるので、提供できる話題もあるし。

あと買い物していても、さすがに11ヶ月ブランクがあったせいか、目を引くものが多くて、時間が過ぎていっている気もする。久々に100円均一とか行くと「あ〜これがアメリカにあれば」と思ったりして。ドラッグストアは隅から隅までチェック!商品のラインナップが変わっていたりして、やっぱり面白い。コエンザイムが流行っているのね、とか。

昨日はデパートでアクセサリーを売っていた女性にいろいろ話を聞いた。その前の日に彼女のデザインが気に入って、ネックレス&ピアスを購入したんだけど、「これってアメリカで売れないかしらん」とか思ってしまったので、ちょっと時間をいただいたというわけ。やっぱり個人でやるのはなかなか大変らしい。人気が出ても今度は作る時間がないという状況になるので、そのバランスが難しいとか。でもホントに素敵なデザインなので、次の催事場にも顔を出してみるつもり。

今日は日本語教師養成講座で一緒だった友達(現在日本語教師)と会って、現場の話を聞く。時給が安すぎるので、好きじゃなきゃやってられないというのは本当らしい。時給はそこそこ出ても授業の準備に2倍の時間がかかれば、時給600円換算になったりするから。派遣社員しているほうがよっぽどいい稼ぎになるってところが悲しいなぁ。英語を使って日本語を教えることに興味はあるけど、やっぱり稼ぎが少なすぎるのも問題。
だれか大金はたいてくれる生徒をゲットするしかないのか…。
posted by さくら at 00:30| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月02日

本屋&テレビ

帰国してから、ほとんど毎日本屋通い。

やっぱり活字に飢えていたみたいで、立ち読みしまくってます(笑)。くだらないものから、ビジネス系まで、気がつくと2時間とかザラ。
向こうにいたときは、ネットのニュースすらあまり読まなかったんだけど、やっぱり紙のほうが読書欲って起きるのね。新聞もじっくり読んでみたりして…。

おかげで英語に時間があまり取れません。やばいよ〜とは思うんだけど、今は日本語に惹かれてしまう私。英語の本は雑誌含め、何冊も持って帰ってきたんだけど、一日雑誌一ページとかだもんね…。

テレビは帰国してから見なくなった。前はくだらない番組とかでもBGMのようにつけていたんだけど、テレビはそれこそ「見たいのだけ見る」で問題なし、と悟ったかも。つーか、日本のテレビっていい番組少ないんだと再発見。あ、我が家はケーブルとか入っていないので、地上波+衛星だけですけど。
posted by さくら at 20:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月01日

Language Exchange Partner

英語力の低下を抑えるべく、でも支出も抑えるべく、exchange partnerを探してみるも日本にはそんなシステムは存在しないのね、と再認識。

お金をとるサイト(英語教えますって、怪しい人もいっぱい載っている)はある。無料のサイトもある、でも私には出会い系にしか見えない…。

友達の友人を紹介してもらおうとしたら「若い?可愛い?」と聞かれたんだけど…と友達からためらいがちな返事。ふん、若くもないし、可愛くもないよ!!

あー、代わりに日本語教えるという技がまったく役に立たないなんて…。単なる日本人よりはもっと体系的に教えてあげられるのにぃ。(悔しい)
posted by さくら at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月29日

implant

バークレーではずれてしまった歯のブリッジを作り直してもらうべく歯医者へ。向こうでは「成田からそのまま歯医者へ行って欲しいくらいです」と言われたので、かなりやばいと思い、帰国後すぐに予約をとったんだ。

で勧められたのが「インプラント」。ええ、もちろん保険は効かないので、先生の案(後ろの2本をインプラントにする)を受け入れると一本25万(2本で50万)!
これまでも差し歯をセラミックで作ったりしたけど、一本8万が最高だったから、やっぱり高いよねぇ。土台が高いんだ、20万。

ためらうのはお金の問題だけじゃなく、期間とその手術方法。完了するまで半年コース。手術方法も歯茎を切開して土台をはめて、一度歯茎を閉じて3ヶ月ほど安定させる。で、その後また切開して土台に上の歯をつける、という方法。

これまで歯医者の治療では、たいていのことは経験している私(抜歯のときにノミとかなづちが出てきても平静を装えた)だけど、この治療方法は読んだだけで腰が引けた…。歯茎を切開して、顎の骨に達するまで穴を開け、骨が足りなければどこかから(どっからだ!?)補填し…って、歯医者ってよりも完全に外科だよ。

お金と時間があるうちにとも思うけど、即決できず…。
posted by さくら at 17:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月23日

帰国して気づいたこと

1)
キッチンカウンターの低さ。料理をするときに違和感あり。アメリカで高めのに慣れてしまったから。というかここのカウンターを選ぶとき、もうワンランク上の高さにしておけばよかった。

2)
クイックルワイパーの柄の細さ。向こうでも類似品を使っていたんだけど、同じプラスチックでも柄がもっとしっかりしてたんだよね。久々に家のを使ってみたら柄が折れるかと思った。

3)
シャンプーが合わなくなってた!髪質って変わるのかな。向こうではアメリカ製品を使っていていい感じだったんだけど(全然高くない普通のやつ)、帰国して前使っていたのに戻したら、髪の毛がギシギシするようになってしまった。同じシャンプーじゃないと…と言って、日本製のシャンプーを向こうでも使い続ける人が多いのに、私の髪の毛は向こうに適応してしまったのか?でもまだビッグボトルに半分くらい残っているんだよなぁ。捨てるものちょっと…。要検討。

4)
1Lサイズって小さすぎ。向こうで1.8Lサイズを買うのに慣れていたから、異常にちっちゃく見える。で予想どおり3日くらいで牛乳とか無くなるし。でも日本の牛乳は賞味期限が短いから、数日ごとにマメに買う必要のある1Lサイズでちょうどいいのかも。アメリカのは2週間以上持つから。
posted by さくら at 21:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月22日

韓流ブーム

日本から雑誌とかを送ってもらっていたので、それなりに知っていたつもりだった韓流ブーム。これほどだとは思ってなかった。

朝から晩までTVをつければどこかのチャンネルで韓国スターの話。いい加減にしてくれ〜!

確かに「いい顔」してんだけど、私には「うさんくさく」見えるんだよね。特に一番人気のヨン様は。顔立ちも髪型も「いいおぼっちゃん(年は32なのね)」って感じで「王子様キャラ」なのかもしれないけど、そこがうさんくさい。人間そんなにピュアなわけないだろ!と突っ込みたくなる。それにはまる日本のおばちゃん(下手すると自分もそっちの年齢か?)の気が知れない。何を期待してんのかなぁ。

昨日ソウルであった映画の記者会見には、800人のファンが集まって、そのうち700人が日本人だったらしい。あー、日本人として恥ずかしい・・・。
posted by さくら at 15:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

帰国後数日

その1)
スーパーへ行って野菜&果物の値段の高さにビックリ。いくらこの夏天候不順だったからって、高すぎないか〜!アメリカでの値段に慣れてしまった私は手を出すのもコワゴワ状態になってしまったよ。白菜が1/4で128円、みかんが6個で350円、カキが4個で450円。って、全部バークレーでもよく買っていたけど、たぶん3倍以上の値段だよ…。

その2)
帰国して一番食べたかったもの。それは美味しいラーメン!でそれなりに有名なお店に行って食す。やっぱり美味しかった〜。麺よりスープだね。深い味を出せるラーメン屋はアメリカにはないぞ。帰国前に行ったサンノゼのラーメン屋もやっぱかすむ・・・。

その3)
さっそくバークレー時代の仲間と飲み会。みんなもうすっかり日本のサラリーマンに戻っていて、バークレーで一緒だったときに比べて、いい意味で「落ち着いて」、悪い意味で「ふけて」見えた(笑)。
でも新聞記者やらM&A、ITコンサルタント、デジタルコンテンツ制作と、みんなしっかり仕事を見つけていて偉いよなあ。不況でもやっぱり「できる」人はしっかり仕事をゲットできるのね。
だれか私をアルバイトで雇って〜と、売り込んでおいた。

笑えたのが一名を除き「Diploma コースで学んだことはほとんど役に立っていない」と言っていたこと。私は奨学金で行ったからともかくとして、みんな$8500自費で払って行ったのに〜。
posted by さくら at 15:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。